11/14 活動報告

本日は会員・ゲストを合わせ総勢20名以上での活動となりました。

緊急事態宣言中はゲストの方にご来場いただくことが出来ておりませんでしたが、
再開以降、たくさんの方にご来場頂け、滑走路は毎週賑わっています。

滑走路の状況も良好、3機にて運航を行いました。

 

本日は離脱高度1,700~1800ft前後と、なかなか高く取れています。

 

グライダーの曳航には、通常時1トン以上の張力に耐えるナイロン製のロープ(曳航索)が使われます。
曳航索は何度も繰り返し使われることで徐々に摩耗し、弱くなった箇所から切れてしまうことがありますが、
切れた部分を除去し編み直して繋ぐことで、再度使用することが出来ます。

今日は久々に索切れが発生したため、学生委員長にきっちり編み直して頂きました。

 

日没が早い冬季、機体置き場でのデブリーフィングに必須の電灯が切れてしまっていたのですが、
会員の方が工事をしてくださり、無事点灯するようになりました。
有難うございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください