5/30 活動報告

今日は9人、複座のPW-6のみでスタート。

学生航空連盟の曳航を担うウインチですが、トラック台車に搭載されています。
ちょうど今月が車検のタイミングだったのですが、会員の皆様のご協力によりウインチ部分の取り外し、車検取得、再取り付けが行われ、
今朝早めに集合した会員でその他必要な機材などを取り付け、本日通常運用に復帰しました。
ご協力いただいた会員のみなさま、大変有難うございました。

適度な雨のおかげで、滑空場はやや草が伸び気味ですが、遠方在住の教官が早朝から草刈りをしてくれ、飛べる状態が維持されています。
多くの方々のボランティア精神によって、毎週のフライトができることに感謝感謝です。

曳航中の機体が凧のように見えますが、機体と風向風速を考慮しながら、いかに離脱高度を高く曳航できるか?
離脱後の曳航索を滑走路内に落下させられるか?
パイロットとの呼吸が一番大事なのですが、ウィンチ曳航のオペレーター(ウィンチャー)は、飛ぶことと同じくらい面白く、奥が深かったりします。

今日の最高離脱高度は1,700ft、殆どの方が30分以上の滞空を楽しみ、最高到達高度は4,200ft。
天気予報どおり、午後から入道雲が発達しだし、雨雲レーダーとにらめっこしながら15:00に撤収、終礼直後、雷雨がやってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください