飛べなくても活動中です

機材整備のため、フライトを長期お休み中の加須滑空場です
グライダーが飛べなくても、整備やBBQやと、イベントは絶えません
PW-6Uブレーキはディスクブレーキへの換装が終わりました

そうこうしているうちに夏が終わり、秋の風が吹くようになりました
フライト再開に向けて、準備が続けられています

梅雨の晴れ間

梅雨入りしてはいるものの、誰かの行いが良いのでしょう、日曜日は好天の加須滑空場です。
いつもの4機がラインナップし、どんどん上昇気流に乗っていきます。

この日は大学生の新入会員が1名入会しました。初めてのグライダー搭乗で30分のソアリング。
グライダーの楽しさを垣間見たでしょうか、今後の活躍に期待です。


翼休め

素晴らしい天気に恵まれていますが、本日は会員総出で整備。

PW6のメインギアの点検を行いながら、草刈り機もシーズン前に調整です。

ウインチも複座グライダーも整備中とあって、SAF MGクラブからモーターグライダーが飛来しています。グライダーの練習生も数名搭乗。貴重な体験になったとのことです。

 

 

 

 

3月の加須滑空場

風弱く、穏やかな日曜が続いています。

上空の寒気のおかげで、毎週のように各機ソアリングを満喫。
このシーズン、年に何回もないようなビッグデイが巡ってくることも。
そんなときは全機滞空、他の滑空場からの機体も飛んできて上空は賑やかです。
 
地上も負けずに、お子様連れの家族や体験フライトで賑わいます。
地元から、千葉から、遥か遠くミュンヘンからもお越しです。
 
 
 

2017年の飛び始め

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

晴れ渡る関東平野のもと、2017年のフライトを開始しました。
今年も安全運航に努め、滑空スポーツを楽しむ一年としていきます。

 

DSC02307