学生航空連盟とは

特定非営利活動法人学生航空連盟は、高校生・大学生・専門学校生などの学生と、一般社会人が共に活動するグライダークラブです。
埼玉県加須市の読売加須滑空場を拠点とし、グライダー初心者から経験豊富な会員・教官まで共に、グライダースポーツを学ぶ・楽しむことを活動の主体としています。1952年2月、読売新聞社によって設立された学生航空連盟を前身とし、2010年にはNPO法人として生まれ変わりました。

 

badge1 badge2
SAF 1952 NPOSAF 2010

 

学生航空連盟沿革

1952年(昭和27年) 2月26日 読売新聞社により、航空思想普及を目的として「全日本学生航空連盟」が結成される。
二子玉川読売飛行場にてフライトを開始。同年「学生航空連盟」に改称。
1969年(昭和44年) 3月 二子玉川読売飛行場返還に伴い、埼玉県北埼玉郡大利根村(当時)に「読売大利根滑空場」を開設し移転。
1999年(平成11年) 5月 飛行援助用航空局「よみうりおおとねフライトサービス」認可、開設。
2007年(平成19年) 4月 滑走路延長工事実施。総延長1350mとなる。
2010年(平成22年) 4月 「特定非営利活動法人学生航空連盟」認証、事業開始。
2012年(平成24年) 10月 「読売加須滑空場」及び「よみうりかぞフライトサービス」へ名称を変更。
2015年(平成27年) 6月 「かぞフライトサービス」へ名称を変更。

 

 001c

1952年(昭和27年) 02式P1 プライマリー

 

003c

1963年(昭和38年) H-23A-3

 002c

1961年(昭和36年) H-22A-3

 

004c

1964年(昭和39年) H-32

 

 


 

特定非営利活動法人 学生航空連盟
〒349-1153 埼玉県加須市新川通1037
0480-72-1777
メールでの問い合わせはこちらから